私の日記帳

日頃の何気ない出来事などを気ままに書き綴っています。

歩きスマホは事故のもと

 

f:id:bigfields2000:20171027111235j:plain

 

歩きスマホは現代の迷惑行為

 

近頃よく見かける歩きスマホ

 

不快な思いや危険な場面にあった人も多いかと思います。

 

今までの迷惑行為というと「歩きたばこ」などがありました。

 

そんな歩きたばこも、世の中にマナーが浸透してきたせいか最近はだいぶ減ってきたものです。

 

しかし、一方で歩きスマホは増え続けています。

 

一向に減る気配がありません。

 

これは一種の社会現象と言えそうです。

 

言わば現代社会から生まれた想定外の迷惑行為ですね。

 

歩きスマホの危険性

 

歩きスマホが厄介なのは事故やいさかいを起こす引き金になるからです。

 

歩きスマホからあらゆるトラブルが発生し、さらに重大な事件に発展する可能性があるのです。

 

歩きスマホが原因でおこりうる事故

 

歩きスマホでよくある事故には次のようなものがあります。

  1. 歩行者同士でぶつかりけんかに発展するケース
  2. 駅のホームで歩きスマホが原因で起こるホームからの転落事故
  3. 歩きスマホで周囲の安全確認がおろそかになって起こる交通事故

これは、なかでも代表的な事故の一例ですが、そればかりではありません。

 

最近では、歩きスマホをしている人にわざとぶつかって因縁をつける当たり屋まで出現するありさまです。

 

歩きスマホの種類

 

歩きスマホと言われる行為にも似たようなものがあり、以下のようなものもあります。

  1. 自転車に乗りながらの自転車スマホ
  2. 自動車を運転しながらの自動車運転スマホ

これらの行為は歩きスマホ以上に危険な行為です。軽い気持ちでやっていたことが、一生を棒に振ることにも発展する可能性があります。

 

このようなあらゆる危険に満ちた歩きスマホ

 

マナーの徹底や啓発活動で減らすことができるのでしょうか。

 

何が起こるかわからないのが人生です。

 

歩きスマホにより、いつ自分が加害者になるか、または被害者になるかわかりません。

 

歩きスマホにはご注意を。