私の日記帳

日頃の何気ない出来事などを気ままに書き綴っています。

夏という季節のピークはいつ頃か

暑い日が続きます。

 

夏真っ盛りですね。

 

夏という季節が来ると、毎年思うことがあります。

 

それは、夏のピークはいつ頃だろう?

 

という疑問です。

 

カレンダーを見ると、7月の下旬に大暑という日があります。

 

文字通り、一年で一番暑い時期という意味合いがあるのでしょう。

 

しかし私は思うのです。

 

いや違う。

 

一番暑いのは8月だ。

 

夏の盛りがピークに達するのは8月だと思うのです。

 

しかし、カレンダーには8月の初めころにはもう立秋という文字が目に入ります。

 

暦のうえではもう秋の足音を聞く時期なのですね。

 

それはさておき。

 

自分が最も夏らしさを感じる時期はいつ頃だろう?

 

日にちまで厳密にいうと、それは本日の8月10日です。

 

片岡義男の小説に「ボビーに首ったけ」という短編小説があります。

 

良い小説です。

 

読んだことのない人は読んでみてください。

 

その小説に8月10日という日が出てきます。

 

盛夏のある日。

 

名も知れない一人の青年が生きた夏の午後。

 

これが夏だな。

 

という情景がその小説の中で描かれています。

 

毎年8月10日になるとこの小説を思い出します。

 

そんなこともあり、私の中で夏のピークは8月10日です。