私の日記帳

日頃の何気ない出来事などを気ままに書き綴っています。

子供の頃はトマトが嫌いだったが大人になって食べられるようになった

子供の頃はトマトが嫌いで食べられませんでした。

 

あの酸っぱいような酸味がどうも苦手で嫌だったのですね。

 

しかし、周りの子供たちはみんな好きなようでした。

 

トマトのどこが美味いのだろう?

 

と不思議に思ったものです。

 

しかし大人になってみるといつの間にかトマト嫌いが無くなっていたんですね。

 

いつからトマトが食べられるようになったのだろう。

 

記憶はあいまいですが、だいたい高校生くらいの頃でしょうか。

 

あれほど嫌いだったトマト。

 

今ではむしろ好きな野菜です。

 

塩をふって食べるなんて好きですね。

 

あのトマト嫌いは何だったのだろう。

 

年齢と共に食べ物の好き嫌いも変わっていくものなんですね。

 

この前テレビでトマトが嫌いで食べられないというお子さんが出ていました。

 

その子にはとても共感しました。

 

その気持ちわかるなー と。

 

その子も大人になったらトマトが好きになるのかな。

 

と思いました。